Hiasu、徒然なるままに。

ネットで気になったあれこれを綴ります。

Le costume du marin est organisé par Mon Dieu.

 すっかり秋になりましたね・・・金木犀が香る季節となってきました。

お久しぶりです、Hiasuです。

皆様はお元気ですか? 私は先日自転車で遠出しようと出かけたのですが、途中でパンクしてしまい泣く泣く断念しました・・・その際に3,4時間歩いて帰った所為で、足首が痛いですね(笑)

 

 さて、今回はタイトル通りセーラー服の素晴らしさについて語ろうと思います。・・・失礼しました、タイトルは毎度恒例のフランス語ですが、和訳すると「セーラー服は神によって創られた」です。意訳すると「セーラー服は神の創造物の如く、奇跡の産物である」ですね、意味不明です。

私は小学生の頃から、いわゆるコスプレ衣装をこよなく愛する人間でありますが、セーラー服はメイド服の次に好きになった衣装ですね。小学生時代、近所の百貨店に買い物に行く際には、制服コーナーにある女子の制服を見に行くのが常でした。その時の主な目当ては、赤スカーフの白セーラーの高校制服でしたね・・・その思いは今でも変わらず、1番好きなセーラー服は赤スカーフの中間セーラー服です。ちなみにここでは有りませんが、高校は制服が決め手でした。大好きな制服に身を包んでいる女子が毎日見られるって、素晴らしいことだと思いませんか?

 

 まず、前提として大体の学校には夏服、冬服、そして中間服があるかと思います。いやぁ、季節によって制服が変わるって素晴らしい制度ですよね…! ブレザーの場合はブレザーを着てるか着ていないかという細やかな違い(そこが良いところでも有りますね)ですが、セーラー服は夏服(中間服)と冬服ではかなり印象が違うかと思います。夏服は白っぽく爽やかな印象があり、腋チラ腹チラ谷間チラ・・・もしくは雨などで濡れることによる下着透けが楽しめるといったような所が良いでしょう。また、太陽の元で輝くセーラー服は私たちに青春を感じさせてくれます。では、中間服はどうでしょうか?こちらは夏服とあまり差がないので、必要性を感じないという方もいらっしゃるかと思います。しかし、この制服を着る時期は日や時間帯によって、寒暖差が激しいと言う特徴があります。即ち、セーラー服の中で、この服だけが唯一腕まくりを見られるのです!基本的に着崩さないセーラー服で、暑い~と言いながら腕まくりをしている光景は個人的にとても好きです。冬服はそうですね、入学式や卒業式といったフォーマルな場面で指定されているだけあって、3つの中で1番清楚なデザインであるかと思います。夏服を着ると可愛らしい女子校生が、冬服を着るとちょっと大人びて見える・・・そんな気がします。また、恐ろしく寒い日に、カーディガンやセーターを合わせている姿もセーラー服単独とはまた違った良さがあって、良いと思います。ちなみに私は、中間服に春秋物のカーディガンを合わせた姿が好きだったりします。

 

 次にセーラー服と言えば、あの特徴的な襟に目を惹かれますよね・・・!

セーラー服とは (セーラーフクとは) [単語記事] - ニコニコ大百科の記事によりますと、主に関東襟(スタンダードセーラー襟)、札幌襟(首くりが関東より小さい襟)、関西襟(胸の下まである襟)、名古屋襟(関西襟より更に大きい襟)があるそうです。ちょっと説明だけでは分かりづらいかと思うので、上記の記事をガン見しながら図を描いてみました!

f:id:hiasusun:20151016152807j:image

 

そうですね・・・この中だとやはり、長年見てきた関東襟が1番好きですが、札幌襟の丸みがあり、胸当てなしでも着られるくらい首くりが小さい所もなかなか素晴らしいと思います。

そうですね、関西襟や名古屋襟の良さは、まだまだ研究する余地が有りますね~

もしこの記事を読んでいる貴方が、名古屋襟関西襟好きなお方でしたら、この記事のコメント欄なりツイッター(@Hiasusun)なりで良さを教えていただけると嬉しいです。

 

 さて、次はもちろん装飾品の話ですね。胸元に輝く装飾品は、「潮風にさらされても、なお美しい1輪の花」と言ったところでしょう。セーラー服は元々水夫に着られていた所謂かっこいい服の1種であるかと思いますが、リボンやリボンタイ、ネクタイを追加することによって、驚きの可愛らしさになります。どうしてこんなにセーラー服は愛らしく私に微笑みかけるのでしょうか・・・

・・・えぇっと、勿論元々使われているスカーフ、いや、装飾品を何も付けないのも私は大好きですし、寧ろ自身は赤スカーフセーラーが大好きです。「可愛い系女子」がそんなセーラー服を着る前提ならば、どんなタイプのセーラー服を着ても可愛いと思うのですが、しかし「クール系女子」が着る場合、少々クールになりすぎるきらいがあります。そこで、リボンを装着したセーラー服を着ていただくと、元々「カッコいい系女子」なのに意外と似合うし甘くなりすぎずベリーデリシャスになると言った効果が見られます。ソースは、女子の制服がリボンの付いた可愛らしいセーラー服である学校に通っていた私の思い出です。うさん臭すぎると言うクレームは受け付けません、ご了承お願いいたします。あぁ、でもリボンタイの地味っぽさも捨てがたいですね・・・出来合いのリボンより小ぶりなため、かなり目だだないですよね、あれはっ。そんな地味目なリボンタイはさしずめ、道端に咲くオオイヌノフグリといったところでしょう。とても小さい紫色のあの花のように、数限られた人しか目を留めない、そんな存在だと思います、リボンタイは。また、白百合学園高等学校の様なネクタイもまた好きです。ふんわりとしたスカーフが「柔」だとするならば、ネクタイは何となくカッチリとした印象を与えさせる所が、「硬」だと思います。また、スカーフはキチンと結ばないと印象が悪くなってしまいますが、ネクタイならば付けさえすれば大丈夫ですし、ひもがだらんと垂れていると絶望的にださくなってしまいます。最後?にここまで装飾品の良さについて話しておきながらなんですが、実は装飾品が何もない状態でのセーラー服も好きです。高校時代当時は、何もつけていない女子を見て、だらしがないと思っていたのですが、ラブプラスの小早川凜子(恋人になる前)を見て手のひらをくるりと返しました。あれは、クールな1匹狼キャラがやると映えるものなのですね。

 

 さて、最後にスカート丈について話しましょう。セーラー服と言うと、だいたいミニ丈、私立丈、膝が隠れる程度、マリみて丈があるかと思います。ちなみに私はミニスカート教ではないので、ミニの基準は・・・そうですね、ニーソックスが映える丈だと思っています。膝上nセンチなぞ、知ったこっちゃありません。この丈は正直セーラー服よりブレザーの方が遥かに見栄えが良いと思います。セーラー服はどちらかと言うと、清楚さを強調するものだと思っているので、個人的にミニ丈にすることはセーラー服の良さを殺すのではないかと思っています。次に私立丈、即ち膝小僧が見える程度はセーラー服としてバランスが1番よいと思っています。だいたい?の私立があの長さを指定丈にしている点は、本当に高く評価するべきだと思っています。もしかして、あの丈を最初に指定した人は、天才なのではないか?と思ってしまうほどです。それほどまでに、私立丈のセーラー服は芸術品の一つだと思っています。次に膝が隠れる程度・・・ぎりぎりハイソックスとスカートの間の肌が見える程度ですね、は見ている側といたしましてはなかなかまぁ悪くない丈だと思いますが、実際に着ている方曰く、「ひざ裏に布がこすれて痛い」そうです。そうですねぇ・・・愛らしい女子校生のいたいけなひざ裏を守るためにも、この丈のセーラー服がお好きな方はどうぞひざ裏がおおわれる丈の靴下かタイツを履かせましょう。我ながら気持ちが悪い文章を書いている気がしますが、今更なので気にしません。マリみて丈とは、3折りソックスが1番映える丈のことです。ハイソックスですと、スカートの布地と合体してしまい完全に肌が見えなくなるあの丈のことです。あの丈は「マリア様が見ている」のお姉さま方みたいな人で無ければ、どうしても野暮ったい印象を与えてしまいますよねぇ・・・ 好意的に考えると、素肌を出来るだけ見せない清らかな女子校生と言った幻想を見た人に与えるのでしょうが・・・一昔前に「スケバン」が流行ってからは、何ともまぁあまり良くないイメージが・・・いや、「スケバン」の方々のスカートはもう床につく程度の長さでしょうが。しかし、その野暮ったさは「あか抜けない女の子」と言う1部の人を魅了してやまないシンボルを作り上げることにもなります。そもそもセーラー服そのものが、着こなしにもよりますが、無垢な印象を相手に与えますよね。もしイメクラで「女子校生を痴漢するプレイ」を行う際に、女子校生役の方にブレザーかセーラーどちらを着て貰うかを選ぶとしたら、8割がたはセーラーを選ぶのでは無いでしょうか・・・??

 

さて、セーラー服についてだらだら長々と書き連ねていたら、想像以上に文字数の多い文章になってしまいました(-_-;)

この記事を読んでくださった貴方が、セーラー服をもっと好きになって頂ける。またはセーラー服を現役で着用している貴方に、セーラー服は1人の人間にここまで恐ろしい文章を書かせる程の魅力が有るのだなと思っていただければ幸いです。

 

ここまでお読みいただき有難うございました。そしてお疲れ様でした・・・1度画面から目を離し伸びをすることをお勧めいたします。