読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hiasu、徒然なるままに。

ネットで気になったあれこれを綴ります。

j'aime des bunny girl!

お盆が終わって、過ごしやすい季節になりつつ有りますね。

そうでなかったとしても、そう思わなければやっていられません()

こんばんは、Hiasuです。

皆様、今年の夏はいかがお過ごしでしょうか??

 

今夏のHiasuは、サンリオピューロランドに行ってクロミさんに塩対応されたり、カラオケボックスで寧々さんへの愛を叫んで来たり、と今まで以上に濃度が高い日々を過ごしております。

そして、取りたくもない普通車の免許を取るために、しこしこ教習所へ通う日々を過ごしております・・・私は中型の自動二輪に乗りたいです・・・

 

さて、本題に入りますか・・・

私は何を隠そう、コスチュームフェチであります。

基本的には、メイド服やギャルゲの制服と言ったような、何方かと言うと可愛らしい恰好が好きです。

しかし、バニーガール、正確に言うとバニースーツはセクシーであればあるほど良いですよね。

 

具体的に言うと、黒エナメル素材、ウエスト部分にはボーンが入っており、適度にハイレグ、ヒップには白い兎のしっぽ、網目の細かい網タイツ、黒いピンヒール、カフスと襟は白、黒い蝶ネクタイ、そして兎耳カチューシャは同じく黒、と言った様なものが好きです。

カラーリングに関しては赤も良いと思います。

またはヴァイオレット、とか・・・どうですかね?

 

ここでのポイントは、バニースーツは人の身体をより美しく魅せるための衣装であると言うことです。

谷間の強調、ハイレグとハイヒールによる脚長効果、タイツでの足細効果、そしてボーンによる体型矯正…

衣服には人の身体を違うように見せかける機能があるものですが、バニースーツはセックスアピールが強い衣装にも関わらず、実は身体の様々な部分が矯正されているというアンビバレンスを抱えた衣装なのです。

そうですね、似たアンビバレンスを持った衣装と言えば、中華街で売っているようなチャイナドレスですね・・・あの手のチャイナドレスの良さについても、機会が有ったら書きたいです。

 

ここまでバニースーツ衣装の良さについて意味不明な持論を展開させていただきましたが、要するにバニースーツを着た寧々さんとバーでカクテル(ノンアルコール)を飲みながらイチャイチャしたいと言うだけなのです。とても単純ですね。

 

ここまで読んでくださった貴方の夢に、好きなお方がバニースーツ姿で登場することをお祈り(むしろ呪いですかね?)致します。

今回も読んでくださり有難うございました!